持ち家計画 総合TOP > 注文住宅TOP > 気になるお金とローンのこと > 家づくりに必要な費用はどのくらい?

気になるお金のとローンのこと

家づくりに必要な費用はどのくらい?

家づくりに必要な費用はどのくらい?「1000万円台で立てる家」
このような広告に驚いて、工務店・ハウスメーカーを探し始めた人もいるでしょう。

家づくりにはどれくらいの費用がかかるか、知っていますか?
実際の家の本体工事費のほかにも、ガスや電気の工事費、照明やカーテンなどの工事費、住宅ローンの諸手続き費用、仮住まい費用・・・などなど、挙げていくと「こんなことも!?」という項目が出てきます。

ここであきらめずに、まずはしっかりと家づくりに必要な費用にはどんなものがあるか把握しましょう。その上で、工務店やハウスメーカーに相見積もりをとることで、明確な費用が見えてきます。
家づくりの費用には何がある?

家づくりの費用家づくりにかかる総費用は、大きく「本体工事費」「付帯工事費」「諸費用」に分類することができます。それぞれにそのような項目が含まれているかを下記に整理しました。
発注する業者や発注内容によって若干項目が減ったり増えたりしますが、基本的な例として確認しておきましょう。

【本体工事費】
【本体工事費】 本体工事費とは、建物全体をつくるために必要な費用のことを指し、全体の70~80%を占めます。(仮設工事、基礎工事、外装工事、内装工事、電気工事、ガス工事、給排水工事、諸経費など)

【付帯工事費】
ガス・電気の引き込みや地盤調整など、建物本体に付随するさまざまな工事費用を指し、全体の15~20%を占めます。(屋外電気工事、屋外給排水工事、専門会社によるガス工事、解体工事費(建て替えの場合)、冷暖房・換気工事など)

【諸費用】
工事には直接関係しないローン関連費用や税金、引越し費用など、多岐にわたる項目が含まれ、全体の5~10%を占めます。(敷地調査費、地盤調査費、印紙税、ローン手数料、抵当権設定登記料、団体信用生命保険料、火災保険料、地鎮祭・上棟式費用、仮住まい費用、引越し費用など)

【注意】
建築家や設計事務所などに依頼する場合は、ほかに「設計料」と「監理料」が必要となります。
設計料の目安は、建築工事費の10~15%が一般的です。
複数社から相見積もりをとりましょう!

家づくりの費用が実際にいくらかかるかは、工務店など業者から見積もりを提出してもらわなければ正確にはわかりません。まずは複数の業者に「概算見積もり」をお願いしましょう。
プランの基本的な本体工事費と諸費用が記載されていますが、会社によって形式や記載内容が異なります。さまざまな営業マンの説明を受けながら、内容を理解して1社に絞り込んでいきましょう。

ただし、「概算見積もり」の段階では、あくまでも“概算”です。プランの詳細やローンの内容などが決まっていくと、見積もり金額はアップしていきますので、「概算見積もり」の段階では、実際にかかる金額の7~8割程度だと考えておきましょう。