持ち家計画 総合TOP > 注文住宅TOP > 気になるお金とローンのこと > 頭金0円でも家を買えるって本当?

気になるお金のとローンのこと

頭金0円でも家を買えるって本当?

住宅ローンと頭金 マイホーム購入を検討するにあたって、まず気になるのは現実的なお金のこと。
家は何年にもわたる大きな買い物だから、あらかじめきちんと予算を立て、無理のない資金計画を考えましょう。

ただ、頭金が貯まっていないからとすぐにあきらめなくても大丈夫。頭金0円でもマイホームを手に入れる方法をご紹介します。
返済能力があればOK。

家づくりにかかる費用は確かに大きいですが、住宅ローンを上手に活用することがマイホーム実現の第一歩。年収負担率(年間の住宅ローン返済額÷年収×100)がその金融機関の定める基準をクリアしていれば、「物件価格の100%まで」貸してくれる住宅ローンも増えています。

一昔前は、家を買うときには少なくとも住宅価格の2割以上の頭金が必要だとよく言われましたが、これは住宅ローンを貸し出す金融機関の多くが融資に際して「物件価格の80~90%まで」という上限を設定しているためです。
現在では、民間の金融機関をはじめ、「フラット35」も100%融資が可能となりました。

住宅購入費の金額を住宅ローンで借りる冒頭で触れたように、「返済能力に問題がない」と判断されれば「頭金0円でも家を買える」のです。実際、このようなローンを上手に利用して家を買う人も増えています。

低金利の今は、ローンの金利負担も減るため、購入のチャンスとも言えるでしょう。

無理のない資金計画を立てましょう。ローン選びも慎重に。

このように、住宅ローンの活用方法によっては「頭金0円でも家が買える」時代になりました。とはいえ、マイホーム購入にかけられる費用は人によってさまざま。まずは家を買うのに一体いくらお金をかけることができるのか、自分たちにとっての適正な予算をあらかじめ把握しましょう。
また、家を買うときに必要なお金は物件価格だけではありません。物件購入に伴う「諸費用」というものが必要になります。「諸費用」には、借入れに関する手数料や保証料のほかに、印紙代や登録免許税、固定資産税などの税金が含まれます。この諸費用の目安は、新築の場合で物件価格の3%~5%程度と言われています。

住宅購入費の全額と諸経費を住宅ローンで借りる住宅購入費の全額と諸経費を住宅ローンで借りるとして、諸費用は入居時までには必要となります。つまり頭金0円で家を購入する場合も、諸費用は貯蓄などで準備しておくのが一般的です。

自分の借り入れ可能金額を知るとともに、工務店・ハウスメーカーへ概算見積もりを依頼してみることで、借り入れ可能金額と予算に大きな差異がないか確かめる必要があります。
まずは、お近くの住宅建築会社に資料請求をして、気軽に相談してみるところから始めてみましょう!