持ち家計画 総合TOP > 注文住宅TOP > 【特集】長寿命の家づくり

【特集】良い家に長く住む長寿命の家づくり

良い家に長く住む「長寿命の家づくり」とは?

日本の住宅は約30年で取り壊されているのが現状です。長持ちする家は、家の資産価値が高く評価されやすく、さらに長期優良住宅ならば税の特別控除を受けることができます。孫世代まで引き継ぎながら住むことができる、長期優良住宅に対応したハウスメーカー・工務店をご紹介します。
※地域によっては、対応していない工務店がございます。

お客様と共に創り上げる

バァーナホーム

バァーナホームの長期優良住宅は『家族の絆を守る家』
『家守り』をモットーに、高性能な自然素材の国産ひのきの家を1000万円台で建てて頂けるよう社員一丸となり、コストダウンに努めております。
『人に誇れる自慢の我が家』を創りませんか?

会社情報ページはこちら

世代を超えて住み継げる性能の高い家

エコワンホーム

これまでの日本の住まいは寿命が短く、せっかく家を建てても老後を迎える頃には、土地に価値はあっても「建物の価値」は無くなってしまうことがほとんどでした。
これからの家づくりは、設備や内装などを定期的に新しくするだけで、親から子、子から孫へと世代を超えて住み継げる性能の高い家(長期優良住宅)を建てることにより、維持費が少なくなり、税制面でも優遇措置を受けることが可能になります。

会社情報ページはこちら

健康で長持ちな家

ケイディアイホーム

しっくいの内装と無垢床の内装で、揮発性物質の非常に少ない、本当の健康住宅を作っています。 からだにかかる負担が少なくなるので、みんな快適、雑菌も繁殖しにくい良い空気の家です。 建物の外壁をしっくいにすることでサッシ周りの定期メンテナンスが不要になり、長い目で見てコストのかからない住まいになります。 人も住まいも長く元気に過ごせるのです。

会社情報ページはこちら