持ち家計画 総合TOP > 注文住宅TOP >【特集】空間を最大限に活かした家づくり

注文住宅ならではの「空間を最大限に活かした家づくり」とは?

注文住宅は、限りのある空間の中に、最大限自分の希望を叶えることができます。大きな買い物だけに、納得のいく家づくりをしたいものです。家の構造や間取りで、同じ土地面積でも暮らしやすさに差が出てきます。空間を最大限に活かした家づくりをハウスメーカー・工務店に提案していただきました。
※地域によっては、対応していない工務店がございます。

スキップフロアを活用して空間を縦に広げる6層の家

ユニバーサルホーム

6層の家『シックス・プラス』は、限られた住まいのスペースを縦方向に活用し、ゆとりと広がりを生み出します。ふんだんな収納スペースを設けることも可能なので、毎日の生活をすっきりとさせる事もできます。家族の団らんやコミュニケーションを育む工夫も満載です。

会社情報ページはこちら

頑丈構造が叶える高い「デザイン性」

大原建設

軽量鉄骨の 特殊H形鋼を使用した耐震工法「テクノストラクチャー」を採用し地震や台風などの自然災害に耐えうる強度を持つフレーム全体で躯体を維持するため「間口6m・天井高2.8m」の自由度 の高い間取りを実現できます。

会社情報ページはこちら

「安心して家族が住める家」

大幸建設

大幸建設の家は完全オリジナルな注文住宅です。お施主様のご要望やお好みに合わせて一軒一軒、心をこめて造っていきます。決して無駄な空間は造りません。ただし空間を最大限に利用する事と構造強度は相反しますので、構造も踏まえてのご提案を致します。

会社情報ページはこちら

「壁・床が強いから大空間がつくれる。空間体積も1.5倍」

内島住宅

斜天井で一切の無駄な空間を削除。部屋は明るく、子供は伸びやかに成長。ロフトも付けられます。1階天井をあらわしの構造、2階を勾配天井にすることで一般的な住宅に比べ1.5倍の大空間を実現。

会社情報ページはこちら