持ち家計画 総合TOP > 注文住宅TOP > 【特集】高断熱の家づくり

【特集】夏は涼しく冬は暖かい「高断熱の家づくり」

夏は涼しく冬は暖かい 「高断熱の家づくり」とは?

高断熱の家は、夏涼しく冬暖かく保つことができるため、一年中快適に過ごせます。さらに、省エネによる環境配慮や冷暖房費の節約効果が期待できます。
各社の技術が詰まった高断熱の家について、ハウスメーカー・工務店に特徴を教えてもらいました。
※地域によっては、対応していない工務店がございます。

夏涼しく冬暖かい、人と地球に優しい住まい

ユニバーサルホーム

夏涼しく冬暖かい室内環境を実現する“高性能外壁材ALC”は、その厚みと内部に含まれる無数の気泡により熱の伝導を防ぎ、優れた断熱性能を発揮します。
また、床下がない“地熱床システム”により、まるで魔法瓶のような建物を実現します。

会社情報ページはこちら

「遮熱」と「断熱」を組み合わせたハイブリットな断熱工法

エコワンホーム

家をすっぽり包み込む遮熱シートと隙間なく充填された現場発泡ウレタンを組み合わせた、ハイブリットな断熱工法「CW断熱」は、夏涼しく、冬暖かで、省エネ効果の実感できる高性能な断熱・遮熱工法です。また、防音性能に優れ、結露が発生しないことも実証されています。

会社情報ページはこちら

日本住宅業界 省エネ性能No.1の住宅に認定(※1)

アエラホーム

「クラージュ」はアルミを使った断熱材で外側から建物全体をすっぽりと包み込み、さらに内側の壁には発泡ウレタンフォームでしっかりと気密・断熱処理を施します。外側+内側の2重の断熱により日本最高水準の高気密・高断熱・高遮熱住宅を実現しました。
(※1)ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2014応募商品において

会社情報ページはこちら

家全体を分厚い断熱材がぐるりと包み込む、魔法瓶のように高性能な断熱構造

スウェーデンハウス

最小限のエネルギーで、快適な温度を保つ。北欧の厳しい自然環境の下で磨き上げられた住思想は、高い断熱性能にあらわれています。住宅における熱の流入・流出にもっとも影響を与えるのは窓などの開口部です。スウェーデンハウスは木製サッシ3層ガラス窓が標準仕様。家全体を包みこむ分厚い断熱材とともに熱損失を防ぎます。高い断熱性能は、居室間の温度差を少なくし、家中どこでも快適に暮らせる住まいをつくりだします。

会社情報ページはこちら