注文住宅とリフォームの資料一括請求サイト

資料請求はこちら

持ち家計画 総合TOP > 注文住宅TOP > 予算立てのポイント

予算立てのポイント

注文住宅は、概観、間取り、設備など、すべて自由に決められるのが醍醐味です。しかし、その醍醐味があるがゆえ、こだわるポイントの優先順位はしっかりと決めておく必要があります。「どのような暮らしをしたいのか?」「どのような家を建てたいのか?」「工務店に期待したいことは何か?」などの要望に対し、「これは絶対に妥協できない」「もし余裕があればこうしたい」など、希望する内容に優劣をつけておくといいでしょう。

総予算をしっかり決めておく

注文住宅を発注する上で、すべてを左右する最も大きな要素は「総予算」です。自己資金として準備できる金額と住宅ローンで借りられそうな金額を早めに計算しておきましょう。家づくりにいくらかけられるのか、という基準がなければ詳細な計画は立てられません。

全体費用の7割程度の金額を本体工事費と考え、その金額を考えている延床面積(建物の各階の床面積を合計した面積)で割ると、坪単価が算出できます。多くの工務店やハウスメーカーの広告では、価格の目安に坪単価を使用することが多いので、依頼先を選択する際の目安になります。

※ 坪単価の算出方法は、会社によって違いがありますので、注意して確認しましょう。

コストを調整する方法

【各所の仕様や設備のグレードにメリハリを!】

床や壁など、面積の大きな箇所の仕様のグレードを調整することは、コストに大きな影響を与えます。

【間仕切りの壁を少なくする】

壁をひとつ削るだけでも、人件費・工事費・材料費などが削減できます。

【複雑な形状の建物にしない>】

建物は変形なものほど凸凹な場所が増え、柱や壁の面積も増えていきます。さらに、基礎工事や屋根の形状も複雑になる可能性があるため、作業時間が余分にかかる可能性があるため、できるだけ複雑な形状の住宅にしないことを心がけましょう。

【水まわりの空間を限定する】

キッチン、バス、トイレ、洗面所などの水まわり空間を近くに集めることで、給排水管の長さを短くできるため、その材料費や工事費を安く抑えることができます。

建設予定地に近い依頼先を

注文住宅を建てるためには、できるだけ建設予定地に近い依頼先を選びましょう。
工事を依頼する職人さんが遠隔地に行く場合には、時間も交通費も必要になるため、その実費だけでなく遠隔地手当てが必要な場合があります。その分の費用は工事費に加算されることになるので、全体的に割高になってしまいます。
また、アフターサービスのことを考慮した場合、万が一の故障や破損などの対応にも時間がかかってしまうなど、サービスの質が低くなることが考えられます。


これから家を建てる方必見!スマートハウス特集 光熱費が月々2.5万円もオトクに? 詳しくはこちら