注文住宅のメリット 注文住宅を建てるなら【持ち家計画】

注文住宅とリフォームの資料一括請求サイト

資料請求はこちら

持ち家計画 総合TOP > 注文住宅TOP > 注文住宅とは > 注文住宅のメリット

注文住宅とは

注文住宅のメリット

注文住宅のメリット家を買う、ということは人生の中でも非常に大きなイベントです。どうせ買うなら満足度の高い家を手に入れたいですよね。それなら住み手の希望・要望を大きく反映できる「注文住宅」の魅力に目を向けてみませんか?

1. 注文住宅の特徴

注文住宅は、時間がかかってもこだわりをしっかり反映させた家を建てたいという人には最適な方法です。
注文住宅の特徴を、しっかりと把握してみましょう。

自由度の高いところが魅力

工務店のメリット|注文住宅の自由度が高い分譲住宅などでも気に入る物件は見つかると思いますが、注文住宅は、オーダーメイドですので「外観は純和風にしたい」、「キッチンは広く取って明るい空間にしたい」、「リビングはやっぱり吹き抜けがいい」、「中庭のある家がいい」、「耐震性の高い住宅を建てたい」といった、あらゆる要望に応えられる自由度の高さが魅力です。購入計画から入居までの時間はかかりますが、さまざまな要望に対して、工務店などが親身に相談に乗ってくれるため、満足のいく家づくりが実現できるでしょう。

予算をいろいろと調整できる

工務店のメリット|注文住宅の予算調整注文住宅は、家を建てるための建築資材をある程度自由に選ぶことができます。こだわりたい部分にはしっかりと費用をかけ、特にこだわらない部分は安く抑えられる、というように予算配分を行うことができます。また、設計前に担当者とじっくり相談できるので、納得がいくまで予算を考えましょう。

建設途中で現場をチェックできる

工務店のメリット|注文住宅の現場チェック注文住宅にも分譲住宅にも「住宅性能表示制度」というシステムがあります。第三者の評価機関(自社評価の場合もあります)が検査するため安心です。 また、注文住宅や完成前の建売住宅なら工事中の現場へと足を運んで、現場管理者にいろいろ質問することができるので、さらに安心と言えるでしょう。

2. 注文住宅と分譲住宅(建売住宅)はここが違う

注文住宅新築一戸建てを手に入れる方法は、大まかに注文住宅と分譲住宅(建売住宅)の2種類に分けられます。
  • 注文住宅は、住み手の要望を取り入れて一から家を建てるもの。 工務店、ハウスメーカー、設計事務所(建築家)のいずれかに建築をお願いし、更地に住宅を建てていきます。価格は予算に応じて設定できます。
  • 分譲住宅(建売住宅)は、既に家が完成している、または完成直前の家を購入するもの。ほとんど完成しているため、住宅価格が決まった状態で販売されています。購入する場合は、購入金額に応じた返済計画を考えながら、住宅ローン会社を探します。
  注文住宅 分譲住宅(建売住宅)
メリット
  • ゼロから計画していくので、外観や内観のデザイン、また設備など幅広い範囲に意志を反映させられる
  • 間取りやデザインにこだわり、理想に近い家を建てることができる
  • よく考えて設計してもらえば、将来的に増改築をしやすい
  • ほとんど完成しているため、決定から入居までがスピーディ
  • 家の状態(間取り、設備、外装など)が直に見られるので、肌で感じることができる
  • 区画販売の場合は、その周辺の方々も同じ時期に引越してくる可能性が高いため、近所付き合いをスムーズに始めやすい
デメリット
×
  • 自由な部分が多いため、打ち合わせや工事など、入居までの期間が必要
  • 幅広い価格帯・種類の中から設備や材料を選択することができる。しかし、こだわり過ぎてしまうと、予算をオーバーしてしまい。後で後悔することになる可能性も
  • 幅広い購入者をイメージして設計・デザインされているため、万人受けしやすいスタンダードな設計の住宅が多い
  • 間取り変更、追加設備は限界がある
  • 同じタイプの住宅をまとめてつくる場合、販売価格が安くなる。しかしその反面、オリジナリティに欠ける