注文住宅とリフォームの資料一括請求サイト

資料請求はこちら

持ち家計画 総合TOP > 注文住宅TOP > 工務店の選び方

工務店の選び方

夢のマイホームを建てる。そのプロセスの中で、「玄関までのアプローチは?」「間取りは?」「リビングは吹き抜けにする?」など、プランを練っているときが一番ワクワクすることでしょう。では、膨らんだ自分の夢を形にしてくれる「信頼できるプロ」は、どのように探せばいいのでしょうか。

1. 注文住宅の依頼先を決める

注文住宅を手に入れるには、3つ選択肢があります。
【1】 工務店に依頼する
【2】 ハウスメーカーに依頼する
【3】 建築家(設計事務所)に依頼する

それぞれに特徴や長所・短所があるので、家づくりのプランが見えてきたら、
どこにお願いすれば満足できる結果が得られそうか、じっくり比べて依頼先を決めましょう。

  特 徴 メリット ○ デメリット × こんな人に
向いている
工務店
  • 地域の気候風土を十分理解しているため、その土地での経験を活かした家づくりが可能
  • 地元で長く営業している工務店であれば、小回りの利くアフターケアも期待できるる
  • 小回りがきくので、自分たちの意見を反映させた自由度の高い家作りが期待できる
  • 地元の工務店であれば、入居後のメンテナンスについても気軽に相談できる
  • 中間業者が少ないため、コストダウンの相談をしやすい
  • 工務店によって、技術力や提案力大きく差がある
  • 対応できる工法には、ある程度限界がある
  • 自分のこだわりやアイデアを設計に活かして、思い通りの家を建てたい人
  • その土地の気候・風土にあった家を作りたいと考えている人
ハウス
メーカー
  • 販売する住宅のデザインや間取りなどの設計を事前に行って、ブランド化している
  • 部材を大量調達し、全国の下請けの工務店に施工を依頼する
  • 品質が一定でムラがない
  • 完成品のイメージがしっかりしているので選びやすい
  • 工法によるが、スピーディーな対応で工期が短い
  • メーカーによって工法が制限される
  • 標準仕様にない部材やプランの対応には、対応できない場合も
  • 材料の寸法に基準があるので、変形敷地には向かないことも
  • 安定した品質を求めている方
  • 工期が短い方がいいという人
  • 住宅メーカーのブランドが好きな人
建築家
(設計事務所)
  • 建築家が設計を行い、施工は別途、工事請負契約を結んだ工務店が行なう
  • お互いに話し合いながら、一からプランをつくり上げていく
  • 敷地の条件や予算、法規制などさまざまな条件にも柔軟に対応してくれる
  • デザインの自由度が高い
  • 工事監理を委託することもでき、厳しくチェックしてくれるので、安心感がある
  • 相性のいい建築家と出会えるかどうかわからない
  • 作風や考え方がさまざまなので、しっかりすり合わせをして発注する必要がある
  • 設計期間が長いこともあるため、家づくりの期間を多めにみておく必要がある
  • ライフスタイルに合った、自分だけの個性的な家を希望している人
  • 住宅づくりに妥協したくない人

これから家を建てる方必見!スマートハウス特集 光熱費が月々2.5万円もオトクに? 詳しくはこちら

2. 工務店を選ぶコツ

工務店を選ぶコツ工務店の多くは設計と施工を分離せずに、担当者が営業と設計、現場の管理を兼務して、現場で直接腕を振るうことがあります。中間業者がいない分、プランを家づくりに反映させやすいという特徴がありますが、家づくりのパートナーとしてぴったりの会社かどうかの判断には、慎重な検討が必要です。

事前にチェックしたい工務店選びのポイント

【工務店自体から得られる情報】

1. 建設業法にもとづく許可業者であること
2. できるだけ建設現場に近い業者であること
3. 専門資格者がいること
4. 財務内容に問題がないこと

上記のような、調べやすい工務店の基本情報は、事前にしっかり把握しておきましょう。

【第三者から提供してもらえる工務店の情報】

1. 友人や知人の紹介をうまく活用すること
2. インターネットなどの口コミ情報を参考にすること

その工務店で家を建てた人の生の声を聞くことができればベストです。もしそれが無理でも、周りの評判やインターネットの口コミを気にしておけば、大いに参考になるはずです。

実際に訪問してチェックしたい工務店選びのポイント

会って話をして判断したいポイント

1. 明確なポリシーや得意分野があること
2. 提案能力があること
3. 社長や担当者とのコミュニケーションがとりやすいこと

担当者の説明をよく聞き、家づくりに対してどのようなこだわりがあるか確認しましょう。得意分野やこだわりのポイントを聞くことでお互いの相性もわかります。

見た目や交渉の過程で客観的に判断できるポイント
1. 施工現場が整理整頓されていること
2. きちんと明細見積もりを出す工務店であること
3. 契約約款、図面、見積書の3点を揃えて契約を結ぶこと

現場で建築資材や工事車両などの管理状態を見て、仕事の丁寧さを測りましょう。また、契約書には工事金額のほかに、工事費の支払い方法や工事期間、工事の範囲などを明確に記載してもらい、不明確な部分がないように交渉を進めましょう。


これから家を建てる方必見!スマートハウス特集 光熱費が月々2.5万円もオトクに? 詳しくはこちら

3. 工務店との付き合い方

依頼する工務店が決まったら、次はスムーズにお付き合いするためのポイントをおさえ、良好な関係を築きましょう。

設計者に自分の好みや生活スタイルを理解してもらうことが大切

工務店が決まってからの設計プランの打合せ設計プランの打ち合わせはとても重要です。
満足のいく家づくりが完成するかどうかは、設計者とどれだけ意見を交換しながらプランニングを進めていけるかで大きく変わります。

また、注文住宅だからといって自分の考えるプランを押し通すだけではなく、工務店は家づくりのプロですから、その家に住む人の好みや生活スタイルがわかれば、その人に合った家を提案してくれるはずです。

契約前は十分すぎるくらいの慎重さが必要

工務店と契約する際の注意点途中で「納得がいかない」と衝突しても、あとから解約するのは容易ではありません。

契約を交わすまでの間に、設計を細部まで決めて内訳のきちんと示された見積りや契約書などをしっかり提示してもらい、確認しましょう。 気になる点や希望に納得できる回答をしてくれるところであれば、建築現場でも遠慮なくコミュニケーションができる間柄になれるはずです。


これから家を建てる方必見!スマートハウス特集 光熱費が月々2.5万円もオトクに? 詳しくはこちら